EverNoteからLOG

アイデアやハウツー、時事ネタなど、EverNoteにclipしたもので収まらないものを少しずつ備忘Log & Archiveしていきます。人生はきっと、最適化問題。

Auto-CAD 覚えておいた方がいい基本設定&テンプレート保存方法

◆STEP◆AUTO-CADを立ち上げる
(1)[ゼロからスタート]を選択 → 【テンプレートを使用】を選択
(2)[規定値の設定]で“メートル”にチェック → OK
(3)タブにて必要な項目を選択して設定
[ツール] → [オプション] により
【ファイル】【表示】【開く/保存】
【印刷】【システム】【基本設定】
【作図補助】【選択】

を設定
(4)画層を作る
【形式】 → 【画層管理】から[画層プロパティ管理]にて画層を作る
(5)線種を設定する
AutoCADの画面上部のメニューバーにて【形式】→【線種設定】により
線種管理ダイアログを開いて[ロード]

◆STEP◆設定を行う

(1)文字のスタイル
【形式】→【文字スタイル管理】
[新規作成] :文字スタイルを作成する

(2)寸法スタイル
【形式】→【寸法スタイル管理】
[新規作成] :寸法スタイルを作成する
・寸法船と矢印
・寸法値
・フィット
・基本単位
・変換単位
・許容差

上記の項目を記憶する

(3)線種尺度を決定する
 → 線種尺度の違いで鎖線などが画面表示されず、一本線に見えてしまうことがある。

【確認・訂正方法】
・オブジェクトプロパティで、線種尺度を確認
・図面全体の線種尺度を変更するときはコマンドラインに”ltscale”と入力して任意の尺度を入れる



(4)画面を黒にする
(5)ホイールのスクロールを消す
(6)ズーム係数を調整する
 ⇒ [ Zoom Factor ]
 ⇒ [ <100> ]:ズーム係数を大きくしている。
 ⇒ Enterで確定

(7)カーソルの大きさを調節する
 ⇒ [ ツール ]:オプション ⇒ [ 表示 ]
 ⇒ [ クロスヘアカーソルのサイズ ]
 ⇒ [<5>から<100>へ]

(8)クイックアクセスツールバーを使う


【文字】:
Size _ 1.5 ~ 2.0
font _ bigfont(全角)
縦横比_0.7


【線】:
0.09mm

太_0.25mm
中_0.15mm
細_0.05mm

【用紙】:
A3 420 * 298





ポイント

・基本は、作図を[モデル]レイヤーで行うこと
・印刷する際に、上手に全体に表示されない場合は、倍率変更にて拡大、縮小してみる。




●文字の大きさを調整したい場合

・オブジェクトとして文字を選択していく
・右クリック → オブジェクトプロパティ管理(左側にボックスが出現する)
・文字項目の高さの数値を変更する

☆全体を範囲選択した後、オブジェクトプロパティで一気に変換することができる
→ 統一した文字の高さとなる



【単位指定の方法】
[アプリケーション]:[ユーティリティ]:[単位設定]
 ⇒ ダイアログボックスにて、挿入尺度のmmを選択

※他に【角度、タイプ、単位、精度、方向】を変更できる

●用紙のサイズを作図する

f:id:tk_purple009:20160114062517j:plain





◆STEP◆テンプレートとして保存する
[名前をつけて保存] → [TEMPLATE]フォルダを選択
 :[ファイルの種類]から“図面テンプレートファイル(*.dwt)”を選択
 :ファイル名を記入して保存




設定の書き出しと読み込みは以下で

tk-purple009.hatenablog.com

tk-purple009.hatenablog.com

Remove all ads