Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

EverNoteからLOG

アイデアやハウツー、時事ネタなど、EverNoteにclipしたもので収まらないものを少しずつ備忘Log & Archiveしていきます。人生はきっと、最適化問題。

イノベーション・ジレンマ

矛盾

イノベーションのジレンマ (The Innovator's Dilemma)とは、巨大企業が新興企業の前に力を失う理由を説明した企業経営の理論。ハーバード・ビジネス・スクール教授のクレイトン・クリステンセンが、1997年に初めて提唱した[1]。

大きな企業においては、規模の大きい既存事業の前に現れる新興の事業や技術は小さく、魅力なく映るだけでなく、既存の事業カニバリズムによって破壊する危険があるため、新興市場への参入が遅れる傾向にある。優れた特色を持つ商品を持つがゆえに、その特色を改良する事のみに目を奪われ、顧客の別の需要に目が届かず、既存の商品より劣るが新たな特色を持つ商品を売り出し始めた新興企業に大きく遅れを取ってしまうのである。




クリステンセンは優良な企業が合理的に判断した結果、破壊的イノベーションの前に参入が遅れる前提を5つの原則に求めている。

企業は顧客と投資家に資源を依存している既存顧客や短期的利益を求める株主の意向が優先される

小規模な市場では大企業の成長ニーズを解決できないイノベーションの初期では、市場規模が小さく、大企業にとっては参入の価値がないように見える

存在しない市場は分析できないイノベーションの初期では、不確実性も高く、現存する市場と比較すると、参入の価値がないように見える

組織の能力は無能力の決定的要因になる既存事業を営むための能力が高まることで、異なる事業が行えなくなる技術の供給は市場の需要と等しいとは限らない既存技術を高めることと、それに需要があることは関係がない

Remove all ads